【受付時間】 10:00〜18:00(土日祝日を除く)

IoT

USE CASE偽造医薬品(カウンターフィット薬)の検知

小型分光器で錠剤をスキャンしスペクトルをスマホに送信、アプリで分析を行います。
The Lancet Infectious Diseasesに掲載された2012年の調査によると、東南アジアとサハラ以南のアフリカでテストされた3,700の薬物サンプルの35%が偽物であるか、品質が悪いことがわかりました。近赤外分光法を利用して錠剤の化学成分を明らかにします。
近赤外分光は最近まで、高価なツールでしたが、MEMS技術により安価で小型化されたデバイスが生まれました。このため薬剤師や患者自身が薬をチェックするために使用できるため、ユーザーのトレーニングをあまり必要としないシステムの構築が可能となりました。

採用された製品

デモ機貸出あり

innoSpectra

近赤外分光器(900~1700nm)「S-G1」

波長範囲は、900~1700nmをカバーする小型近赤外分光器です。ソフトウェアは付属で、USBでPCと接続して計測。反射型S-G1以外にも、ファイバー型M-F1、透過型(液体計測)M-T1などの別モデルもラインナップ。

CONTACT

商品に関するお問い合わせ、見積、デモなどお気軽にお問い合わせください

TEL: 03-5953-8810

【受付時間】 10:00〜18:00(土日祝日を除く)

※は入力必須項目となります。


会社名/所属団体
お問い合わせの製品名
メールアドレス
お問い合わせ内容