【受付時間】 10:00〜18:00(土日祝日を除く)

IoT

USE CASE施工不良 変位センサによる
別荘の壁のモニタリング

デンマークのある別荘所有者が、家を囲む壁の施工不良の被害者となりました。この家は丘の上に建っているため、壁は家の安定性、特に家の周りのテラスの安定性にとって重要な役割を果たしています。施工不良の壁は、以下のような現象が確認できました。

  • レンガが次々に割れています。
  • 壁全体が外と下に移動しています。
  • 大きな亀裂が現れ始めています。
  • テラスはどんどん不安定になってきています。
  • 家の基礎全体が移動してしまう危険性があります。

クレーム、安全性、保険の問題などから、そのオーナーは、壁が今もどのくらいの速度で動いているのかを知るために、建物に位置センサを取り付けることをElastiSense社に依頼しました。そこで弊社は2つのDS20センサを壁に取り付けました。1つは垂直方向、もう1つは水平方向です。それらのセンサはコントロールボックスとPCに接続されており、顧客とElastiSenseの両方がデータを読み取って分析できるようになっています。
このデータは、一定期間後に壁が実際に動いていることをその建設会社や保険会社に証明するために使用されます。さらに、このデータは、新しく契約する建設会社に建築物の補修についてアドバイスするためにも使用されます。
これは、建築物のモニタリングにセンサを使用する方法の優れた例のひとつです。この場合、センサはデンマークの天候の最良あるいは最悪の条件にさらされても、そのすべての要素に耐える必要があります。つまり、大雨、日射、風、気温の変化、さらには雹にさえも耐えなければなりません。DSシリーズのセンサは、まさにそのために作られているもので、屋外での構造物モニタリングに最適です。

採用された製品の詳細

デモ機貸出あり

ElastiSense

伸縮性変位センサ DSシリーズ

伸縮性変位センサ DSシリーズは、位置と変位の検出が簡単でコスト効率が高くなります。センサは、作業車両、構造ヘルスモニタリング、FAに最適です。

CONTACT

商品に関するお問い合わせ、見積、デモなどお気軽にお問い合わせください

TEL: 03-5953-8810

【受付時間】 10:00〜18:00(土日祝日を除く)

※は入力必須項目となります。


会社名/所属団体
お問い合わせの製品名
メールアドレス
お問い合わせ内容