【受付時間】 10:00〜18:00(土日祝日を除く)

専用キャップ MEG Cap 1.0

  • QZFM用に特別にデザイン
  • 64Ch ウェーブガードレイアウト
  • セミリジッド構造
  • カスタマイズ対応可能

MEG Cap 1.0の主な目的は、OPM-MEGシステムを使用した最初の実験を可能にすることです。 注:MEGキャップ1.0では、センサーの動きが大きな問題になります。 良好なデータを取得するには、シールドルーム(MSR)内の残留フィールドを可能な限りゼロにし(<1 nT)、センサーケーブルの背面のひずみを緩和することが不可欠です。 フィールドの無効化の詳細については、関連リンクのセクションを参照してください。独自のキャップの作成に興味がある場合、お問い合わせください。 ホルダーのCADファイルの提供は可能です。

NI-9205 Data Acquisition unit

各QZFMは、電子モジュールの背面にある2.5mmオーディオポートを介してアナログ出力を提供します。アナログ出力は、任意のデータ取得システムで磁力計信号を記録するために使用できます。 アナログ出力の電圧から磁界への変換係数は、両方のチャネルで2.7 V/nTです。

QuSpin DAQ UI for NI-9205

QZFMセンサーで使用できるLabViewに基づくNIDAQ用のユーザーインターフェース(UI)を開発しました。 ただし、UIを実行するためにLabViewソフトウェアをインストールする必要はありません。 実行可能UIQuSpin NI-9205データ取得UI(.exe)を実行する前に、無料のNI-DAQmaxランタイム16.1をダウンロードしてインストールするだけです。 LabView UI QuSpin NI-9205 Data Acquisition UI(.vi)のオープン(.vi)バージョンをダウンロードすることもできます。 カスタムNI-DAQアダプタボードの回路図ファイルとPCBファイルは、NI_9025_Adapter_Board_Schematic_V2にあります。

Low Noise Coil Driver

コイルドライバーは、主にシールドルームの中に設置された磁場補償コイル用に設計されています。粗調整にはポテンショメータを使用し、微調整またはアクティブ調整には外部電圧を使用します。

Independent outputs Three
出力コネクタ BNC
出力電圧 +/- 4.096 Vdc
短絡電流 58 mA/output (@4.096 Vout)
出力ノイズフロア <25 nV/√Hz @ 2 Hz
コントロール 10-turn potentiometer + external voltage input (+/- 5V; 0-70 Hz bandwidth)
電源 +19V

CONTACT

商品に関するお問い合わせ、見積、デモなどお気軽にお問い合わせください

TEL: 03-5953-8810

【受付時間】 10:00〜18:00(土日祝日を除く)

※は入力必須項目となります。


会社名/所属団体
お問い合わせの製品名
メールアドレス
お問い合わせ内容