【受付時間】 10:00〜18:00(土日祝日を除く)

注目のテクノロジー

USE CASEソルダーペースト

インラインのソルダーペーストおよびBGA(ボールグリッドアレイ)検査は、現在、マルチステレオまたはモアレカメラによって実行されています。しかし、これらのシステムは20µmより小さい構造には適しておりません。はんだの量も減り、ディスペンスが難しくなり、エラーが増加します。

共焦点スキャナーや白色光干渉計などの代替手段が存在しますが、これらはあくまでも解析のためでありインライン検査には桁違いに遅すぎます。もちろん、チップがPCBにバインドされた後でテストするのは簡単です。プローバーカードはチップと電子的に接触します。はんだが多すぎると短絡が発生し、少なすぎると接続されません。しかし、この時点でダメージが発生している状態です。

ライトフィールドカメラは、ソルダーペースト量が少ない場合でもインライン検査に十分な速度と精度を備えているため、最終的にチップを節約できます。毎日何百万ものマイクロチップが生産されていることを考えると、たとえチップのコストがわずかであっても、潜在的なメリットは莫大です。

採用された製品の詳細

Raytrix

ライトフィールドカメラ

ライトフィールドカメラは、1個のメインレンズを持ち1回の撮影で3D画像を取得できる3Dカメラです。一旦3D画像を取得できれば画像をリフォーカスできます。

CONTACT

商品に関するお問い合わせ、見積、デモなどお気軽にお問い合わせください

TEL: 03-5953-8810

【受付時間】 10:00〜18:00(土日祝日を除く)

※は入力必須項目となります。


会社名/所属団体
お問い合わせの製品名
メールアドレス
お問い合わせ内容