【受付時間】 10:00〜18:00(土日祝日を除く)

IoT

USE CASEプロジェクションマッピング

プロジェクションマッピングとは、プロジェクターなどを使用して立体的に映像を投影する技術です。映画館のスクリーンのような平面に映像を投影するのではなく、建物のような立体物に映像を投影することが最大の特徴となっています。
プロジェクションマッピングという言葉は、「投影」を意味するプロジェクションと、「貼り付ける」「割り当てる」といった意味のマッピングが組み合わさっています。ただ単に立体物に映像を投影するだけでは、プロジェクションマッピングとは言えません。プロジェクションマッピングの制作過程では、スクリーンとなる立体物の形状を正確に計測した上で、それにぴたりと重なり合うように映像を加工します。加工された映像を実際に投影することで、立体物が本当に動いているかのような臨場感を与えたり、キャラクターを登場させて幻想的な世界観を表現したりできるのです。
プロジェクションマッピングでスクリーンとして使われるものは、建物だけではありません。家具や靴、部屋、霧、湖、森、人体などのあらゆるものに投影可能であり、私たちに驚きや感動を与えてくれます。プロジェクションマッピングの主な活用シーンとしては、イベントやテーマパークでのエンターテインメントショー、新製品やサービスの広告、企業のブランディング、メディアアートなどが挙げられますが、これからもさまざまなシーンで活用されていくでしょう。
2010年頃から広く知られるようになったプロジェクションマッピングの技術は、現在も進化し続けています。たとえば、センサを組み合わせることで、ユーザーの動きに反応して投影する映像が変化するプロジェクションマッピングが実用化されました。この技術によって、一方的に映像を見るだけでなく、人の動きに合わせて映像がリアルタイムで変化するゲームのようなインタラクティブな体験が実現します。
また、従来のプロジェクションマッピングは、映像とのズレを防ぐために立体物を静止させておかなければならないという制限がありました。しかし、最近では動く立体物に追従して継続的に映像を投影するダイナミックプロジェクションマッピングと呼ばれる技術も開発されています。
このように、プロジェクションマッピングの技術は日々進化を続けています。プロジェクションマッピングはこれからも、私たちに新鮮な驚きや感動を与えてくれるでしょう。

関連製品

デモ機貸出あり

Nerian Vision Technologies

ステレオカメラ SceneScan Pro

ステレオカメラ SceneScan Proは、パッシブ方式のリアルタイム3Dカメラです。そのため、明るい屋外や遠距離、水中などでの距離測定が可能で、他のセンサとの併用もできます。FPGAによる高速処理で、省電力・小型化を実現。自動運転やロボットの自律制御などに最適です。

CONTACT

商品に関するお問い合わせ、見積、デモなどお気軽にお問い合わせください

TEL: 03-5953-8810

【受付時間】 10:00〜18:00(土日祝日を除く)

※は入力必須項目となります。


会社名/所属団体
お問い合わせの製品名
メールアドレス
お問い合わせ内容