NANOXEED

2018.05.15

カーネギーメロン大学のクアッドコプターにnerianのステレオカメラ採用

ステレオカメラの採用によりクアッドコプターの自律飛行実験

カーネギーメロン大学(Carnegie Mellon University)の研究者は、Nerian社のシステムを使用して、自律型ドローン(MAV)を設計

MAV(Agile Micro-Aerial Vehicles)は、効率的なデータ収集のために、高速かつ低い高度で複雑な環境(建造物など)で動作する必要があります。ペイロードの制約と広範囲の検出要件があるため、カメラはMAVの好ましい検出方法です。一方で障害物検出のためにカメラを使用する計算上の負担は、非常に大きく、距離のセンシングと飛行プランニングを同時に行わなければなりません。カーネギーメロン大学のシステム設計により、Nerianのシステムを使って視差計算と画像空間に障害物を検出できました。これらの障害物回避機能により、クアッドコプターは4m/sの速度で密集した葉を飛行し、合計1.6時間の自律飛行が可能です。この手法により、MAVの低高度での高速飛行の可能性が広がりました。

以下参考文献

https://www.ri.cmu.edu/wp-content/uploads/2017/08/root1.pdf

CONTACT

商品に関するお問い合わせ、見積、デモなどお気軽にお問い合わせください

TEL: 03-4405-3913

【受付時間】 10:00〜18:00(土日祝日を除く)